家族葬を自宅で行う上で必要なこと、注意するべきこと

お葬式にかかる費用を減らし、また静かなお葬式を目指す

不謹慎なことと言われてしまうかもしれませんが、近年はお葬式にもコストカットという概念が持ち込まれるようになりました。また、お葬式はひっそりとした小さなものが良いというような遺言を遺される方も増えています。

お寺などで大々的にお葬式をあげてもらうというのは、徐々に時代にそぐわないものとなっていくのかもしれません。
しかし、値段が安いからと言って、葬儀場で流れ作業のように手早に済まされてしまうのは中々寂しいものがあります。

小さくもぬくもりのある葬儀、亡くなった方もそのようなお葬式を望まれているのではないでしょうか。そこで登場するのが、自宅での家族葬です。葬儀場で行うのは憚られるようなゆっくりとした最後のお別れや挨拶、大粒の涙を流してしまうようなこともこれならば遠慮する必要がありません。

また自宅での家族葬と一口に言っても何種類ものプランがあり、予算や目的に合わせて行いたいものを選ぶことができます。

家族葬を自宅で行うために必要なこと、予算、準備など

自宅で家族葬を行ってくれるサービスは大きな葬儀社のほとんどが対応しており、一般的な葬儀と同じ内容のものを自宅で行うタイプ、通夜式・告別式等の儀式を行わないタイプ、無宗教式など宗教に配慮したタイプなど、選択肢も豊富です。

それぞれによって値段も全く異なっており、普通の葬儀を自宅で行うものは四十万円から六十万円ほどですが、儀式をせず仏具も用いない最小限度だけを行うものでは十数万円程度まで安くなります。

小規模なものでは家の中に六畳以上の大きさの部屋が無いような場合であっても問題はなく、棺を自宅の外へ持ち出すことが出来さえすれば準備は何も必要ありません。

しかししっかりとした葬儀を家で行いたいと考えるのであれば、ある程度の広さの部屋を用意する必要があります。用意できる部屋の大きさと参列者の人数を考え、葬儀社の方と布団や枕飾り、祭壇の種類や大きさについて話し合い準備しましょう。

家族葬を自宅で行う上で注意や気を付けるべきこと、終わりに

棺が家を出て周辺を通ることとなるので、近所の方には事前にその旨を伝えておいた方が良いでしょう。参列者が多い場合は、自宅の前に何台もの車が路駐してしまうと迷惑になってしまうので駐車場の確保も必要です。

しかし、大変な準備に家族だけで頭を悩ませなくとも、葬儀社の方が必ず相談に応じてくれたりサポートをしてくれます。慌てることなく、まずは話を聞いて、必要なことを手伝ってもらいましょう。

家族葬を自宅で執り行うというのは比較的新しい概念で、親族の中に反対されるような方が出る場合も十分に考えられます。しかしこれまでに述べてきたように、それには十分な利点があります。

亡くなられた方が納得されていること、どのようなメリットがあるかを伝え、時には葬儀社の方にしっかりとした仏具を用い正しく儀式が執り行われることなどを説明してもらいましょう。親しんだ自宅で執り行われる式では、故人様も安らかにお過ごしになることができるはずです。