家族葬や献花についてどうしたらいいのか考えてみました

家族や身内だけでできる小さな葬儀の仕方について考えます

知り合いを可能な限り呼び寄せて盛大なイベントの用にお葬式をする人達よりもこじんまりとささやかに行うような小さいタイプの家族葬でしたら献花はもう必要はないかなどと考えていらっしゃるご家族の方々が最近では多いようにお見受けしています。

それもそのようで葬儀自体がそれなりにお金や費用がかかるものとなっておりますから、カットできる部分はすべてカットしてなるべくお礼やお返しが必要ないようにシンプルに行うものがここしばらくの間では人気があるらしいです。

場合により直系の身内や家族以外の人たちでも参列したかったという人が例えいらっしゃったとしても、この参列は丁寧にお断りをさせて頂いた後に、訃報のご連絡はお電話やお手紙、またはEメールなどでシンプルにかつ丁寧な文章で行われるパターンが圧倒的に多くなってきています。これは先述に簡略化の部分でより合理的な葬儀と言えるでしょう。

簡単に行える葬儀が増えている中でやっぱり献花が必要という場合

小さい規模の家族葬では献花を送るイベントはカットされることが多々ありますと最初の段落で触れてみましたが、それでもやっぱり何か物足りなさを感じてしまう、そして何よりも花が飾られていないのはどうしても寂しいと感じて献花を付加させるというご家族の方々もいらっしゃる場合もあります。

それから冥福を祈る時になくてはならないとさえ考えていらっしゃる人達がいる場合はとても大切なイベントの一つでしょう。仏教徒の方々やご家族が献花を使用されるのはあまり一般的ではないのかもしれませんが、キリスト教の関係者などの間では大体この作業を省きたがらないと考えていらっしゃることが多々あります。これはとても儀式的なものです。

献花の捧げ方は両の手のひらで受け取った後に祭壇へ頭を下げてから遺影の元に目を閉じて祈りまた両の手を使って花の茎を祭壇側に向けてからその上にゆっくりと置きます。その際に亡くなった方とお話ができると考える人もいるからでしょう。

献花一つについても必ず守らなければいけないマナーがあります

家族葬といえども献花を捧げる為に守っておかなければいけないことは幾つかあるんですが、時々ご招待頂いた身内でも、わざわざお花屋さんで購入をなさってご持参された上で参列なさるあるようです。

これは実はしてはいけないと言われていることの一つでして、葬儀屋さん側としてはあまりしてほしくないそうです。献花を使用の上でのマナーは葬儀の形式や亡くなられた方々の生まれや土地柄、そして宗教関連などがとても深く関わってきますから安易に考えると身内が恥をかいてしまったりうまく弔うことができないと考えられてしまう場合もあるようです。

要は気持ちの問題でもあるんですが、例えばキリスト教では真っ白な百合の花を使用します。これも全てのキリスト教徒が必ず行っているわけではなく海外のキリスト教徒は行わない場合もあります。しきたりの多い日本ですからその土地のルールや宗派に従ってとにかくご相談されるようにすれば何も問題はないかと思われます。