遺体搬送と死亡診断書、それぞれについて知っておくこと

葬儀の前に必要な遺体搬送と死亡診断書とはいったい何?

遺体搬送とは、ご遺体を安置する場所に搬送してもらうことです。死亡診断書は、お医者さんに診断してもらって亡くなったことを公的に証明するために必要なものです。

両方ともに、誰か親族が亡くなった際には必ず行わなければならないこと、あるいは発行してもらわなければならないものです。ただ、長い間生きたとしても、葬儀を執り行うための準備を自分ですることは極めて少なく、遺体搬送はどうやってすればいいのか、死亡診断書はどうやって受け取ればいいのかを知らない人はかなり多いです。

極めて単純に言えば、遺体搬送は亡くなった後に、遺体を安置する場所を決めて、葬儀社に依頼をして病院や自宅から遺体を搬送します。搬送先は自宅か葬儀する葬儀社や葬儀式場が主です。

死亡診断書は亡くなった直後に、お医者さんに診断してもらって受け取るものですから、お医者さんに診断してもらいさえすればすぐに入手出来ます。病院で亡くなった際にはすぐに、自宅で亡くなった場合にはかかりつけのお医者さんに連絡をして自宅で診断してもらう必要があります。

遺体搬送をしなければならない理由、死亡診断書が必要な理由

自宅で亡くなり、葬儀式場を準備してお葬式をする際には、その葬儀式場に遺体を運ばなければならないので、必要になる理由は明らかです。
しかし、病院で亡くなった場合に搬送しなければならない理由には、別の事情があります。病院で遺体を置いておけるのは長くても半日です。病院にもよりますが、早めに搬送してもらわないと病院側も困るという事情があるからです。

なお、遺体搬送は病院側が提携している葬儀社が行ってくれることもありますので、自分達が急がなくとも早く進めてもらうこともできます。
死亡診断書が必要になる理由は、家族が亡くなった際には、7日以内に市町村役所へ死亡届を提出しなければならず、この死亡届を受理してもらうためには、公的に死亡したと証明される死亡診断書が必要になるからです。

また、役所に提出するためだけではなく、保険金や遺族年金の請求のためにも、この死亡診断書は必要になりますので、1通だけではなく2通以上必要になるケースもありますので、最低でも2通は書いてもらうようにしましょう。

遺体搬送と死亡診断書それぞれで注意しなければならないこと

遺体搬送をする際に注意すべき点は二つあります。まず、どこに遺体を搬送するかを早めに決めなければならないことです。前述の通り、病院で亡くなった際には早く搬送しなければならないので、搬送先を早めに決める必要がでてきます。

自宅に搬送する場合は特に気にすることもありませんが、何らかの事情で自宅に搬送できない場合には葬儀社や葬儀式場に搬送しなければならず、その場所の準備や手続きをしなければならなくなるので、手間取らないように事前にある程度は決めておかなければならないと言えるでしょう。

もう一つの注意事項は、自家用車で搬送をしないことです。一般的には自家用車での遺体搬送は違法だ、と言われていますが、実際は違法でもなんでもありません。しかし、安全性などを考慮すると葬儀社に搬送してもらった方がいいので、自家用車での搬送は止めておくべきです。

死亡診断書の注意事項は一つです。死亡診断書は死亡届を受理してもらう際に必要になりますが、この死亡届が受理されると、死亡診断書に記載された日時に死亡したことが、公的法的に確定されることになります。

するとその日時以降に、故人の資産は凍結されてしまいます。資産が凍結されると遺族は故人の銀行口座に手を付けることができなくなりますので、故人の貯金などが葬儀で必要になるという場合には、死亡届を受理してもらう前に現金化しなければなりませんので、覚えておきましょう。

これから葬儀を考えてる方におすすめなのが今もっとも人気のある葬儀の形である家族葬です。詳しくはこちら今最も人気の葬儀形態、『家族葬のメリット』