葬儀における49日の法要の持つ意味と当日までに行うべきこと

葬儀で49日の法要とはどの様な意味で行われているのか

葬儀とは一つの大きな儀式の総称であり、その中には幾つかの法要が含まれています。法要とは、個人を供養する為に行う式典のことです。個人があの世で幸福に過ごせる様に、遺族が追善供養を行うのです。

仏教の葬儀では、日数により法要が行われることになっています。初七日から始まり、7日置きに49日まで「忌日法要(きびほうよう)」があり、その後「一周忌・3回忌・7回忌・13回忌・33回忌」等の年忌方法(ねんきほうほう)が行われます。家族でしっかり故人を送るなら家族葬がオススメです。詳しくは今最も人気の葬儀形態、『家族葬のメリット』

仏教の思想では、人はなくなってから49日間はまだこの世に留まっているとされています。亡くなってから7日目以降、7日おきに7回、地獄の閻魔大王の裁きを受け続け、49日目に来世での行き場所が決定されるのです。

これを「輪廻転生(りんねてんしょう)」といい、「天界・人間界・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄」の六道の中から行先が決まるのです。

それよりも上の来世に選ばれると、極楽浄土が待っているのですが、人は業を背負っている者で、中々スムーズに極楽浄土にはいけません。その為に49日間は残された家族が、故人の極楽浄土行きを願って法要を行うのです

葬儀から49日までの間に遺族がしておくべきこととは

葬儀から49日までの間に遺族がしておくべきことは、家の中に供養台を設置することです。葬儀が終わった後、遺骨と遺影と位牌を供養台に置き、花を飾り線香を炊いて、故人が極楽浄土に進める様に供養を続けるのです。

7日ごとにお坊さんを呼んで法要を行うのは無理だとしても、なるべく毎日お線香をあげて手を合わせる様にしましょう。
35日目には閻魔大王の裁きを受けますので、より丁寧に法要を行う習慣があります。

そして49日までは忌中(きちゅう)といい、神社・仏閣に参拝したり、結婚式などのお祝いごとへの出席は控える様にします。葬儀の際に用いられる白木の位牌は仮のものであり、49日までには漆塗りの位牌に作り替える必要があります。
49日の法要の時にお坊さんにより新しい位牌に魂を入れて貰うのです。

49日の法要が終ると、供養台は片付けられて魂入れをした新しい位牌と共に仏壇の中に置かれます。
つまり、仏壇がない家庭では、この段階までに仏壇を用意しておく必要があるのです。”

葬儀で49日の法要の時にはどの様なことを行うのか

葬儀において、49日の法要は最も重要な意味を持っています。49日は「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれ、来世での行先が決定される大切な日です。故人が無事に極楽浄土に行ける様にと、家族だけではなく親戚一同が集まって49日の法要を行うのが殆どです。

49日が終れば「忌明け」となりますので、法要後に食事会を行う習慣もあります。この時に白木の位牌から、漆塗りの本位牌に変わるのですが、お坊さんに祈祷して貰い、魂入れをして貰う様にします。仏壇を新しく購入した人は、仏壇にも魂入れをして貰う必要があります。

魂をきちんと入れて開眼供養してこそ、仏壇も位牌も心の入ったものになるのです。49日間供養台に置かれたお骨は、お墓に納骨になります。新しく仏壇と位牌に魂が入ったので、これからはお骨やお墓ではなく、位牌が個人の魂を移したのものになるのです。

49日の法要は当日ピッタリに行うのが本来ですが、現代社会では平日に中々親族一同が集まることができません。その様な場合には日をずらすことができますが、遅くなるのは禁忌であり、早目に法要を行うことが大切です。