身内のみで行う葬儀が増えている!家族葬のメリットについて

身内のみで行う葬儀が増えている!家族葬のメリットとは?

最近では、身内のみで、葬儀を行う家庭が増えてきています。故人と家族との別れを優先するということで、今はこのように身内のみでしっとりと家族葬という形で葬儀を行う方も多いのです。

普通のお葬式の場合には、社会的な別れなどが優先されがちですが、都会型の葬儀として、最近では、こういった家族葬が増えてきています。

こういった家族葬にはいくつものメリットがあります。まずは身内のみで行う葬儀ということから、非常にアットホームな葬儀を行えるというメリットがあります。

本当に自分のことを思ってくれる家族、そして近しい人だけに送ってもらいたいという願いを持っている方は多いですが、これを実現することが出来るのが、身内のみの葬儀である家族葬です。形式的な葬儀だったり、形などにこだわらずアットホームに葬儀をすることが出来て悲しみに寄り添う形で行えるというのが大きなメリットとなります。

無駄なお金を使う必要がない、身内だけの葬儀のメリット

身内のみの葬儀である、家族葬には、いくつものメリットがありますが、そのうちのメリットの一つとして、無駄なお金を使う必要がないというメリットがあります。

家族葬は、遺族や、親族、そして友人などといった、近しい関係者のみのアットホームで、少人数で行う葬儀となります。このため、豪華な祭壇だったり、会葬者への香典返し、そして、豪華な食事などは必要がありません。

最小限、もしくは全く無しという風に選ぶ事も出来ます。家族総出は、これらの高額な負担をする必要がないため、かなりの、低価格で行えるというのが大きなメリットとなります。

今は、それほど経済的に余裕がないという家庭も多く、葬儀に高額なお金をかけることができないという家も増えています。そういった風潮の中、身内のみの葬儀であれば、高額な負担などもなく、静かな葬儀において、葬儀の費用負担を全般的に抑えることが出来るのです。

手間がかからずゆっくりと過ごす事が出来るのがメリット

身内のみの葬儀のメリットとして、故人とゆっくりお別れができるというメリットがあります。アットホームな葬儀ですので、近しい近親者のみで、悲しみを共有し、ゆっくりとお別れが出来るのです。

参列者などは、家族を中心として、近親者のみとなります。このため、多くの会葬者などに、応対する必要がありません。このため、葬儀において、心身の負担なども少なく済みますし、故人を偲んだりと、ゆっくりとした時間を持つことが出来るというのが大きなメリットです。

また、身内のみの葬儀である、家族葬は、手間があまり、かからないというメリットがあります。家族葬というものは、葬儀の準備などもそうですが、参列者だったりも、身内が大半を占めています。

このため、弔問客への対応がかなり少なくなります。身内だけなので、ほとんど気を使う必要がなく気楽に感じられるのもメリットです。葬儀においての、全体的な手間が少なくなります。