跡継ぎを必要としない、永代供養ならば、樹木葬がおすすめ

継承を必要としない、個人供養である、樹木葬とは?

近年、お墓の新しいスタイルという形で、メディアなどでも話題となっているのがこちらの「樹木葬」です。樹木葬は名前の通り、樹木をシンボルとしているお墓であり、サクラや紅葉など、シンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されるという形のお墓になります。

樹木葬といっても、ガーデン風のものもあれば、山々に自然に埋葬する形のものなど、さまざまなスタイルのものがあります。

従来までの一般的な墓石によるお墓とは違い、費用がリーズナブルであるという点と、跡継ぎなどを必要としない、永代供養であるという点が大きな魅力です。

樹木葬は基本的に、永代供養であり、独身の方、お一人様の方、夫婦だけでの利用という形が一般的となります。樹木葬は、こように基本的には、個人供養となりますので、家に囚われたくないという方や、跡継ぎがいないので、継承を必要としないお墓を希望したいという方に人気の埋葬方法となっています。

永代供養が出来る、樹木葬の数多くのメリットとは?

このように、樹木葬とは、近年では、跡継ぎが居ない方に選ばれる事が多い、埋葬方法です。こちらの樹木葬ですが、自然の樹木などで埋葬をする形になりますので、従来までのお墓とは違い、墓石が必要ありません。このため、自然環境に優しく、自然に近い埋葬方法となっており、費用などもリーズナブルとなっています。

永代供養となっていますが、永代使用料だったり、管理費が比較的低く設定されていることが多いので、そういった点でもリーズナブルです。

また、樹木葬の場合には、宗旨や宗派などといった宗教的な制約などもありませんし、宗教などを気にする必要性がありません。

また、樹木葬の場合、生前に購入をしたり、植栽をすることができる点も大きなメリットです。樹木葬は、承継者がいないという場合、また継承者がいなくなってしまったという場合にも、永代供養をしてもらうことが可能となっているのも大きなメリットです。

永代供養のための樹木葬の知っておきたいデメリットとは?

樹木葬とは、跡継ぎを必要としない、基本的には、永代供養となる埋葬方法となります。しかし、メリットも豊富ですが、デメリットもありますので、あらかじめこれらのデメリットについて知っておきましょう。

まず、樹木葬は、遺骨の返却を行うことができません。このため、後から故人の遺骨を取り出すことが出来ませんので、このあたりは知っておくことが必要です。

また、樹木葬といっても、従来までのお墓のように、基本的には、区画が限定されています。このため、好きな場所に埋葬することが出来るというわけではありません。また、区画が決められているのと同様に、原則として、増設したりする事なども不可能となっています。

このため、追加で複数体を埋葬したいという場合は新たに購入する必要があります。このように、樹木葬はいくつかデメリットがあります。跡継ぎが居ない方の個人供養であれば問題はありませんが、新しい家族のお墓という場合には、不向きとなっています。