今話題となっている樹木葬!その知られざるトラブルとは?

樹木葬とはどういったもの?どういったトラブルがあるの?

今話題となっている埋葬方法として、「樹木葬」があります。こちらの樹木葬ですが、従来からある墓石型の埋葬方法とは全く異なるものです。樹木葬は、墓石の代わりに、自然の木々などを植えるという、特殊な埋葬方法となっています。

従来までの埋葬方法と異なるので、トラブルがありそうですが、色々と表には出てこないようなトラブルが実は存在するといわれています。

まずは、樹木葬のトラブルとして、家族間のトラブルがあります。従来までの埋葬方法とは異なる樹木葬で、墓石がないため、お墓参りの固定観念が根強い方の場合には、お墓参りに対して違和感を感じる方も居ます。

つまり、家族のなかには、樹木葬に否定的な方も居るので、事前にしっかりと話し合いをしておかないとこういった点でトラブルとなってしまうことがあるのです。また、遺骨を後から取り出すということもできないので、こういった点でも事前の話し合いが必要です。

樹木葬のトラブルで多い、お手入れに関するトラブルとは?

樹木葬はメリットもたくさんありますが、知っておきたいデメリットやトラブルがあります。そのトラブルの一つとしてお手入れに関することがあります。

お墓を継ぐ人が居ないからという理由で、樹木葬という埋葬方法を選ぶ方も多いですが、樹木葬でも最低限のお手入れをしなければ、落ち葉や雑草が広がり、どんどんと荒れていってしまうのです。

お手入れがしにくいお墓となっている樹木葬は、落ち葉の掃除、雑草の草むしりなどをしなければならず、逆に負担になってしまうということもあります。しかし、霊園や寺院によっては、樹木葬のお手入れまでをしてくれるところもあります。

故人の思いなどを尊重して、今は樹木葬という埋葬方法を選ぶ方も多いですが、お手入れが大変になってしまったり、管理が仕切れなくなってしまうなどのトラブルも発生しています。このため、その後の管理のことについてもしっかりと考えておくようにしましょう。

お家のお墓としては不向き!どこに故人が眠っているか分からない

樹木葬という埋葬方法ですが、元々は永代供養であり、霊園や寺院などがお墓参りをすることが出来ない方の代わりに、これらを行ってくれることになっています。元々は、独身の方や身寄りがない方などこういった方が選ぶ埋葬方法になります。

このため、お家のお墓として考える場合には不向きなお墓であり、お家のお墓としては利用をすることが出来ないのです。

また、自然の山などで故人を埋葬した場合には、樹木が生い茂る形になりますので、故人がどこに眠っているのか分からない…ということになってしまいトラブルになることもあります。

樹木葬は自然にかなり近い埋葬方法ですので、故人の眠っている場所を特定したいという方の場合、トラブルとなりかねません。

このため、元々、しっかりと代々お墓を守っていきたいと考える方にとっては樹木葬は不向きで色んなトラブルになってしまうという可能性があるので家族葬などがオススメです。詳しくは今最も人気の葬儀形態、『家族葬のメリット』