火葬式の葬儀内容の特徴とそれにかかる料金について

火葬式の段取りと簡略化した葬儀を選ぶ理由について

一般的な葬儀の場合はまず通夜を行い、その後の告別式を経て火葬という段取りになりますが、火葬式はそれらの儀式を省略し「火葬のみ」で葬儀を行うものです。

旧来の葬儀儀式にこだわらない人が選択する葬儀形態で、別れの儀式を簡略化したものであり、したがって葬儀料金も格安で行うことができます。

火葬のみの形式を選ぶ理由としては、親族や親戚などごく親しい人のみで葬儀を行いたい場合や、葬儀に招く人があまりいない場合などがあり、また故人が事前にそのような葬儀を希望している場合や、余計な儀式をしないという遺族の方針によることもあります。

あるいは、一般的な葬儀にかかる費用は高額であるため、経済的な事情から火葬式などの安価で行える葬儀を選択する人もいます。 火葬式でも別れの時間がないということではなく、火葬場でお経を読んでもらうこともできますし、通夜や告別式が省略されているとはいえ、故人に対する思いを振り返る時間はあります。

火葬式にかかる料金についてしっかり理解しておくことの大切さ

火葬式は安くで行える葬儀形式ですが、その中でもサービス内容によって料金は違ってきますし、サービス内容が同じでも葬儀会社の提示する料金の違いはあります。

まずはどの葬儀会社に葬儀を依頼をするかを決めることが必要ですが、亡くなった後に慌ただしく葬儀会社を決めることが多く、費用や葬儀内容について、他の葬儀会社との比較検討をしないまま実施してしまうことも多いでしょう。

しかし、葬儀費用は葬儀会社によってかなりの違いがあり、火葬式の場合でも安価なもので10万円代のものもあれば、高価なものでは40万円以上の場合もあります。

亡くなってから葬儀まで時間がないこともありますが、その中でもインターネットを使えば短い時間で各社のサービスや葬儀費用の比較することは可能ですので、諦めずに検討することが必要でしょう。

安価な葬儀費用でも葬儀会社によっては追加料金が必要なところもあり、希望の葬儀会社が見つかった後も、その会社の担当者に話を聞いてから申し込むかどうかを決めるべきです。

火葬式の葬儀費用で意識すべき点と事前確認の必要性

各社の葬儀費用を比較する場合に注意すべき点は、それぞれの葬儀会社によって料金に含まれるサービス内容に違いがあり、それは葬儀が簡略化された火葬式においても同様ということです。

例えば、葬儀会社の提示する葬儀費用に火葬場代が含まれている場合もあれば、それは別個で支払う必要があるものや、火葬場に僧侶を呼びたい場合はその分の費用もかかるなど、追加やオプションでの費用が発生するものは何かを調べておくことが必要です。

葬儀会社が提示している費用が安くても、実質的にかかる費用はそれより高い場合もありますし、各社を比較して一番安い料金であっても、実際にはそうならない可能性もあり、実際に総額でどれくらいの金額がかかるのかを事前にチェックしておくことが必要です。

また、火葬式といっても、火葬だけではなく様々な準備やサービスが含まれていますので、それを理解しておくことが葬儀費用の支払いなどで葬儀会社と行き違いをせずに済む方法です。